far afield 〜遥か遠く〜

Que Será, Será  

 新江ノ島水族館には初めて行きました。
クラケ 
 クラゲがゆらゆら。

サメ 
 サメもゆらゆら。
 本当は風鈴祭りに行く予定でしたが、この暑さ。日陰が無いと思われる川崎大使はまた来年。
 海はものすごい湿気でも、日陰なら海風はなかなか気持ち良いもです。

 ゆらゆら、流されて生きてゆくのも良いのかもなと思うので。
 ケセラセラ。。。

category: 未分類

tb: 0   cm: 2

春の稲村ケ崎  

稲村ケ崎 

 全く写真を撮りに行っていないけど、今年撮った春の稲村ケ崎。
 
 豪雨で、あちこちひどい事になっています。
 関東も地震があったり、色々とありすぎて、なんだかもうどうにもならない事があるんだよ。と
 そんな風に言い聞かせたり。。。
 職場でも、今年に入って、本当に色んな事があったなと、この半年を振り返えっています。
 静かな海をぼーっと見ていられる季節が早く来ないかな。
 
 
 
 

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

紫陽花ブーケ  

 単発のニコライバーグマンのお花のスクールに参加してきました。
 いつもオアシスで作っているので、ブーケは初めてで新鮮でした。
 部屋の一角で、カメラマンさんがライトテーブルに1つずつ花を置き、余計な花粉は息と吹き飛ばしながら
 写真を撮っていて、楽しそうだなん♪とそちらに気をとられていたのは私だけだと思います。
 ああ、やっぱりマクロレンズ欲しいな。。。と思った次第です。
紫陽花ブーケ 

あじさいブーケ3

あじさいブーケ2 

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

買うもの  

サリー 

 先々週、このテディベアをテディベア作家のkaoさんから購入、そして、先週はクマの下に
 敷いてあるハンカチをほぼ日の生活のたのしみ展で購入。
 意識していなかったのだけれど、何となく優しい色に惹かれる日々。疲れてるんです(笑)
 暫く予定が詰まっていて、忙しくて、先週末はちょっとダウン。そしてまだ引きずってます。
 今日もまた、予約していたお花のスクールに行かなくてはならなくて。。。
 今週待末は静かにしていよう。
 

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

印彩都写真展終了しました  

カタリバより 領収書 
GW中に開催された印彩都写真展が終了しました。
ポストカードの売上金の寄付に関して、領収書が届きましたので、ご報告させて頂きます。
ご協力頂き、ありがとうございました。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

遊びに来てね。。  

チェブ 

 遊びに来てね。
 印彩都写真展 5/2から始まります。
 
 このチェブラーシカはお友達のもの。
 もう廃盤になってしまった、とても可愛い子です。
 このチェブを連れて、何回撮影に行ったかな?

 私はロマン・カチャーノフの作品だったら「ミトン」の方が好きと言ったら
 私はチェブラーシカが好きと、友達が言うので、あのサルみたいのでしょ?
 と言ったら怒られた(笑) 

 ロシアの人形アニメーションのコマ撮り作品、どれもこれも可愛すぎます。

 

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

印彩都写真展2018 時をみつめて  

写真展 

 5/2〜5/6 印彩都写真展2018 時をみつめて
 に参加します。
 近くにお越しの際は、是非お立ち寄り下さい。
 お待ちしております(^-^)

category: 未分類

tb: 0   cm: 1

あの頃の事を話したい  

愛しい人 

 会いたい人って誰だろう? 愛しい人って誰だろう?
 そういう人との時間だけを大切にすべきなんだと思う。
 人生で本当に大切な事や人なんて、そう多くない。
 大切な事、伝えたい事、いくつかあるでしょ?
 もうすぐ1年になります。あの頃の事を話そうと言われてから。。。
 
 

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

不安だらけの春  

2018桜 

 先週行った新宿御苑の桜。まだ満開とは言えないまでも、とても綺麗でした。
 
 先週はショッキングな事があり、会社で一番親しくしている先輩から、早期退職する事を告げられた。
 他にもう1人、大先輩が今年で退職する事になっている。
 なんて淋しく不安な日々になるのかと、とても落ち込んでいます。先輩がいると言うのは素敵な事です。

 桜の花は、優しく明るい春の訪れを知らせてくれたのにな。。。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

今年のこの日も終わって行きます。  

行き止まりの海 

 また今年もこの日が来た。
 この日が来る度、言いようの無い不安があって、どんな事でも良い、誰かと話して、気を紛らわせたいと
 そんな風に思うのです。今年もまたそれは一緒。

 そんな中、いらない物を捨てようかと、10数年以上ぶりにクローゼットの奥にしまい込んでいる箱の蓋を
 何気なく開けると、そこには、もうとっくに捨てたと思っていた、幼なじみからの年賀状が入っていて
 あぁこれで幼なじみと、ちょっとでも話すきっかけを与えられたと、すぐさま連絡した。
 遠い過去を遡る事になる、たった1枚の年賀状。

 過去も現在も未来の事も、大切な幼なじみと、色んな事を話せる日々が続いて行く事を願うばかりです。
 捨てて良いと言われた年賀状。大切にとっておくよ。

 

category: 未分類

tb: 0   cm: 0